やってはいけないキャッシング申告のポイント

キャッシングの審査は、決して適当にこなしてよいものではありません。気が付いたら落とされていた、とならないように審査の方法に気をつけましょう。特に、申し込みの際に嘘をつくのは絶対に避けましょう。

キャッシングの審査に不安を覚えるのは、誰もが同じことです。本当に受かるのだろうか、審査に通るのだろうかなど、ちょっと見栄を張って申し込む方もいます。しかし、キャッシングで嘘の内容を記入すると、痛いペナルティを受けることになるのです。キャッシング審査のチェックは想像以上に厳しく、嘘は必ずバレると言っても過言ではありません。

当然住所等は身分証明書が必要な段階で嘘がバレます。キャッシング審査の中には職場への在籍確認なども行うので、職業を偽ってもバレてしまうでしょう。このような嘘をついた場合、今後しばらくはキャッシング審査が厳しくなります。金融業界はこうした情報を共有しているので、いわゆるブラックリストとして登録されてしまうのです。

どんなに不安を覚えたとしても、キャッシングの申込は正しく行いましょう。嘘をつくメリットは一つもないので、結局悪い方向へ傾いてしまいます。不安ならキャッシングの借入枠を減らすなどの対策を行いましょう。


このページの先頭へ