専業主婦が配偶者貸付を受けられる金融機関

専業主婦の場合、収入がないので消費者金融のキャッシングを利用することが難しくなってきています。しかし、無収入の専業主婦でも、配偶者貸付を利用すれば金融機関からお金を借りることは可能です。

配偶者貸付というのは夫婦の年収を合計した金額によって融資を受けることができる特別な貸付です。これを利用すれば、無収入の専業主婦でも配偶者の収入を頼りにして融資を受けることができるのです。

ところが、消費者金融の場合、専業主婦でも利用できる配偶者貸付制度を取り入れているケースは非常に少ないのが現実です。配偶者貸付が受けられる場合でも、契約者本人に安定した収入があることが求められるのが一般的になっています。

無収入状態の専業主婦が融資を受けられる可能性が高いのは、銀行です。銀行は消費者金融に比べて専業主婦への融資を受け入れているケースが多く、配偶者に安定した収入さえあれば問題なく審査に通過出来る例も多いのです。

もちろん、全ての銀行で専業主婦がキャッシングを利用できるというわけではありません。銀行によってはやはり契約者本人の収入を求めるケースもあるし、専業主婦への融資では融資限度額が低く抑えられていることも少なくありません。

しかしながら無収入状態の専業主婦でもお金が借りられる可能性があるわけですから、お金を借りたいならまずは銀行キャッシングを調べてみることが効果的です。


このページの先頭へ