無担保なキャッシングの秘密と利点

消費者金融や銀行には、個人向けの無担保キャッシングがあります。無担保とはそのまま、担保がなくてもお金が借りられるローンのことを言います。

お金を貸す側が担保を欲しがるのは、万が一返済が難しくなった時の保証を得るためです。お金がないから借りていたお金をかえせない、という状況に債務者が陥った時にも、担保があれば担保をお金にかえることで残りのローンを回収することが可能です。

無担保の場合にはそれができず、返済できない状況を甘んじて受けいれなくてはなりません。個人ではないので、実際はそこで泣き寝入りとなることはなく、様々な方法で回収を試みようとするのですが、簡単にことは済まずリスクは高くなります。

それでも銀行や消費者金融が無担保ローンの展開をするのは、利用者に無担保の身軽さや審査スピードの早さが望まれているからに他なりません。貸す側としても若干のリスクを背負うことで、顧客の拡大を目指しています。

その上で多少リスクを小さくするために、無担保ローンは金利が高く、限度額が小さく設定されているのが特徴になります。借り入れを行う人間は、それと手軽さを秤にかけた上で、自分の目的にあったローンを選択することが求められるのです。

このページの先頭へ